飯田工業株式会社|イイダ・アミテックグループ

  /    /  レーザ

パソコン対応標準レーザ加工機
L-908PC

パソコン対応レーザ加工機 L-908PC

L-908PC

特長
  • LASERMATICシリーズのスタンダード:
    多彩な加工モードで、彫刻・切断と様々な加工用途に対応
  • 加工ワークサイズ:X1000 × Y600mm
    さらに前後・左右両方向で材料の貫通が可能
  • X-Yプロッタ方式:タイミングベルト駆動でMAX2000mm/secの高速加工を実現
  • 加工解像度:最大1200DPI・8ビットグレースケール対応
  • 角パイプ構成の高剛性フレームにより、高精度・高耐久
  • レーザ発振器は、30/60/100Wを搭載可能
  • 市販のWINDOWSパソコン・ソフトで加工データを簡単に作成可能
  • レンズクリーニング等のメンテナンス性も充実

パソコン対応大判レーザ加工機
L-2010PC

パソコン対応大判レーザ加工機 L-2010PC

L-2010PC

特長
  • 加工ワークサイズ:X2000 × Y1000mm、3x6判サイズの大判加工に対応
  • レーザ発振器は、60/100/200Wを搭載可能
  • 上部開放型で、材料セット・取出しが容易
  • レーザ光の光路を完全カバーしデザイン性・安全性に優れた設計
  • 市販のWINDOWSパソコン・ソフトで加工データを簡単に作成可能
  • レンズクリーニング等のメンテナンス性も充実

パソコン対応高精度レーザ加工機
L-501PCU

パソコン対応高精度レーザ加工機 L-501PCU

L-501PCU

特長
  • ボールネジ駆動により高精度かつ滑らかな切断加工が可能
  • レーザ発振器と加工ヘッド一体構造で、光路長が一定:
    ワークサイズ内での加工のばらつきなく、安定した加工を実現
  • 高剛性フレームは高い耐久性・安定性を持ち、産業用途・生産現場での信頼性向上
  • レーザ発振器は、30/60/100Wを搭載可能
  • 加工ワークサイズ:X550 × Y400mm
  • 市販のWINDOWSパソコン・ソフトで加工データが簡単に作成可能
  • レンズクリーニング等のメンテナンス性も充実
  • オプションでカメラ補正機能を搭載可能:
    材料のセット位置をCCDカメラで計測、X/Y及び回転を補正

NC制御生地裁断機
L-2422NCH

NC制御生地裁断機 L-2422NCH

L-2422NCH

特長
    • コンベア送り機能により、ナイロン布等のファブリック裁断に対応:
      ロール品の連続加工が可能
    • 加工ワークサイズ:X2000 × Y2400mm
    • レーザ発振器は1000/2500/3000/4000Wを搭載可能
    • 高出力レーザにより、ファブリックの積層加工が可能で、生産性向上に最適

<liZ軸のオートフォーカス機能により、生地のシワ・たるみに関係なく安定した裁断が可能

  • 入力データ方式は、JIS Gコード準拠:
    裁断スピード及びレーザ出力は任意に設定可能
  • レンズクリーニング等のメンテナンス性も充実

NC制御高精度レーザ加工機
L-2010NC

NC制御レーザ加工機 L-2010NC

L-2010NC

特長
  • X-Y軸とも精密ボールネジ駆動を採用し、高い加工精度と滑らかな切断面を実現
  • クリーンで安定した切断が可能な為、アクリルの厚物切断に最適
  • 面精度・エッジ精度が優れており、レーザ発振器は1000Wを搭載:
    アクリル25tの切断が可能
  • 加工ワークサイズ:X2000 × Y1000mm
  • Z軸のオートフォーカス機能で、材料の厚みムラや反りに関係なく安定した切断が可能
  • X軸はテーブル移動、Y軸は加工ヘッド移動方式:
    ワークサイズに対し光路長の変化が少なく、安定した加工が可能
  • レンズクリーニング等のメンテナンス性も充実

三次元レーザ加工機
L-1203-5SD

三次元加工機 L-1203-5SD

L-1203-5SD

特長
  • レーザ発振器を機械上部に配置、メカレイアウトを考慮し省スペース化を実現
  • 加工テーブルは移動式:
    スタートとともに本体内に移動・固定され、加工終了時に払い出し
  • レーザパワーと速度は任意に8段階の指定が可能:
    材料の厚みの異なる部分や精度の必要各部分等、自在なパワーコントロール
  • 立体成型品の切断・穴あけ・トリミング等、幅広い加工が可能
  • 入力データ方式は、JIS Gコード準拠:
    ノズルの姿勢制御により、三次元空間円弧補間を実施
  • 加工データは、ティーチングにより加工物の形状をトレースすることでも作成可能